第4回 エシカルライフスタイルのヒント

自分にも自然や地球にも、周りにも心地よい暮らし。
そしてみんなが輝ける生き方やライフスタイルのヒントについて考えてきました。

環境や社会に配慮した、いわばエシカル(倫理的)なアイテムを選択する基準は?

そもそも、「エシカル」って、やっぱりもう少し具体的にどうしたらいいの?という声もあるでしょう。

EFJ(ETHICAL FASHION JAPAN)の代表、竹村 伊央さんはエシカルについて、環境社会的課題に対してアプローチ出来る仕組みと説明しています。

そして、その「やり方」の分類として、フェアトレード、オーガニック、伝統技術、動物配慮、社会的貢献など9つに分けて紹介し、具体的な「やり方」を、ファッションの世界からサイトなどで紹介しています。

また、一般社団法人エシカル協会の末吉里花さんは、「エシカル」を覚えてもらうために、

エ:影響を
シ:しっかりと
カル:考える

エシカルのエは「影響を」、エシカルのシは「しっかりと」、エシカルのカルは「考える」という覚え方で広く知ってもらう活動をしています。

さらに、私たちが買う、つまり消費する際の影響力やその重要性から、

  • 環境に配慮された消費
  • 人・社会に配慮された消費
  • 地域に配慮された消費

などを紹介。「私たち消費者が力の大きさを認識し、「買う」という行為をしっかりと考えて行うことが大切です。」と伝えています。

また、エシカル日本のサイトでは、環境新聞と連動して様々な情報を公開しています。

他にも様々な取り組みをされている方が多くおりますが、皆、何かを変えたい、犠牲を伴ったり、悲しい思いをしない社会、そしれ誰もが輝ける世界を目指して、小さくても意義のある活動や想いがやがて大きな繋がりへと結びついています。

2016年もあとわずか。

来年に向けて、どんな一歩を踏み出すか、その一歩が世界に繋がっていることを感じながら未来を考えるヒントになれば幸いです。

カテゴリー: エコとエシカルなライフスタイル | タグ: , , ,

第3回 エシカルは繋がりへの想いから

こんにちは!山口真奈美です。

みんなが幸せに過ごすことが出来る日々の生活。

それは、そもそも知人や家族だけではなく、遠い世界の人々も自然も、様々な繋がりの上に成り立っています。

まさに、ゆるい繋がりがあるんですよね。

いつでもどんなときもみんなが輝いていられるために。

今日からビックサイトでエコプロ展が開催されています。

エコプロ展では、様々なエコやそれだけではない先駆的な取り組みや発表事例も当然ながら、子供達も学べる企画も満載です。

その中で、エシカルワールドというコーナーでは触れる地球でリアルタイムの地球の変化や現状なども見て触って感じることが出来ます。

是非遊びに出かけてみて下さいませ。

カテゴリー: エコとエシカルなライフスタイル | タグ: , ,

【満席のため受付終了】第 2 回 エシカルに纏わるラベルと認証制度 シンポジウム~食の分野での先進的取組み事例より~

持続可能な社会に向けたエシカルラベル連続シンポジウム

第 2 回 エシカルに纏わるラベルと認証制度 シンポジウム
~食の分野での先進的取組み事例より~

<満席のため受付を終了いたしました>

日本エシカル推進協議会は、日本における倫理観、良心をもった行動規範としてのエシカル文化の定着を目指して活動をしています。地球の生態系と文明系が共生する理想的な文明圏の再構築に向けて産学の幅広い有志が集まり様々な活動をしています。

地球温暖化問題の深刻化を背景に、昨年はパリ合意が成立し、国連ではSDGsが採択されユニバーサルな目標が掲げられました。その持続可能な発展(開発)目標に向かって社会全体で取り組むことになりました。

エシカルな社会構築の実現を助ける手段として、様々な認証、様々なラベルがありますが、2020年のオリンピック・パラリンピック、さらにはその先の未来に向けて、何をどのように選択し、行動を起こしていく必要があるのか。認証、ラベルがどのような意義を持ち、役割を果たすことが出来るのでしょうか。

そこで、今回のシンポジウムでは、農業・海・環境・フェアトレードなど食の分野でエシカルな認証への取り組みを実践されている企業からの事例発表とパネルディスカッションを通じて、日本社会におけるエシカルへの具体的取り組みの促進を考えます。

持続可能な社会に向けたエシカルラベル連続シンポジウム
第2回 概要

シンポジウムタイトル

第2回 エシカルに纏わるラベルと認証制度 シンポジウム
~食の分野での先進的取組み事例より~

日時

2016年12月22日(木曜日) 14:00~17:00 (受付:13:30~)

場所

株式会社博展 セミナールーム
東京都中央区築地1-13-14 NBF東銀座スクエア2F(会場案内

主催

日本エシカル推進協議会(エシカルラベル普及実行委員会)

協賛

サステナブル・ブランド国際会議東京
海洋管理協議会(MSC)日本事務所
特定非営利活動法人フェアトレード・ラベル・ジャパン

参加費

無料

定員

80名(事前受付先着順)

シンポジウム内容および登壇者

開会挨拶

事例紹介

「イオンアグリ創造農業の取組」

  • イオンアグリ創造株式会社
    代表取締役 福永庸明 氏

「MSC認証への取り組み(仮)」

  • マルハニチロ株式会社
    水産商事ユニット水産第二部副部長 熊本義宣 氏
    業務用食品ユニット戦略販売部主任 高野陽介 氏

「有機スパイスとフェアトレードの取り組み(仮)」

  • エスビー食品株式会社
    開発生産グループ供給部スパイスコントロールユニット 田中彩香 氏
    開発生産グループ供給部スパイスコントロールユニット 山口善子 氏

「モラルとルールに則った農業生産の推進~埼玉県(S-GAP)の取組事例について~」

  • 埼玉県農林部農産物安全課
    有機・安全生産担当 中村祐一 氏

休憩

パネルディスカッション

コーディネーター

  • 株式会社レスポンスアビリティ 代表取締役 足立直樹 氏

パネリスト

  • 株式会社FEM/株式会社Control Union Japan 代表取締役 山口真奈美 氏
  • 事例発表者 各氏

お申し込み【受付を終了いたしました】

おかげさまでお申し込みが定員に達しましたので、申込み受付を終了致しました。

多数のお申込み、誠に有難うございました。

なお、本シンポジウム連続でシリーズ化を予定しておりますので、次回のご案内をご希望の方は下記の事務局お問い合わせフォームより、お名前、連絡先等をご記入下さいませ。

お申し込み下さった方は、 当日会場にて お目にかかれることを楽しみにしております。

お問い合わせ先

日本エシカル推進協議会 エシカルラベル普及実行委員会 事務局(株式会社FEM 内)

カテゴリー: セミナー情報 | タグ: , , ,

第2回 エシカルってなあに?

 

エシカル(ethical)という言葉をご存じでしょうか。

自分にも自然や地球にも、周りにも心地よい暮らし。
そしてみんなが輝ける生き方って、どんなライフスタイルなのでしょう。

エシカル(ethical)とは、「倫理的」「道徳上」という意味があります。
ちょっと難しいかも。敷居が高い?
そんな印象もありますよね。

実はエシカルファッションとか、エシカルジュエリーが数年前から注目され、今、さらにライフスタイルを見直すキーワードとして、再浮上しているんです。

エシカルファッションで考えてみると、その素材がオーガニックコットンだったり、フェアトレード(公正な取引)、つまり正当な値段で作られたものを売り買いしたり、様々な要素が含まれています。

オーガニックコットンは、有機栽培された綿花を使用しますが、商業ベースでは、綿花栽培はほとんど日本ではなく、海外に依存しています。

インドなどでは、字も読めなかったり、計算の仕方も教わっていない方が農業に従事し、有害な農薬の被害で健康を害してしまったり、子供たちが学校にも行けず、朝から晩まで家族を支えるために、過酷な環境で働かされていることもあります。

過剰に農薬をまくことで、土壌汚染にも繋がり、生態系にも悪影響があったりします。

そんな環境や社会的問題がないように、配慮された製品を選びたいですよね。

自分にとっても肌触りや着心地が良いだけでなく、背景にある世界も素敵でいられたら。

私達の何気ない、その選択が大きな影響を与える社会です。

来ているモノ・普段使うアイテムが食べ物だけではなくオーガニックやフェアトレードなどちょこっとだけ変えてみるだけでも、エシカルなライフスタイルに繋がります。

今日から何か買うときに、ふと「どこから来たの?誰が作ってくれたんだろう?」

そんな疑問も持つだけでもエシカル事始めかもしれません。

カテゴリー: エコとエシカルなライフスタイル | タグ: ,

第1回 エコと私たち

「オーガニック」は少しずつ皆様の身近になってきているかもしれません。
また、「エコ」は、なんとなくイメージ出来ますよね。
でもエコな生活とか環境に優しいって、定義が広くて様々。。。

そもそも、環境(エコ)に優しいって何?社会に配慮するってどういうこと?
エシカルファッションとかあるけど、「エシカル」って何?
私たちの身近なライフスタイルアイテムとの繋がりは?

そんな疑問を少しずつひもとくヒントを探っていきましょう。

まず環境に優しい。それは地球環境の問題がまずあります。
地球温暖化で気温が上昇してしまい、異常気象?と思われるようなことも数々。。。

熱帯雨林など遠い国々では森が破壊されてしまい、そこの棲む動植物が絶滅の危機に瀕しています。

そして、そんな現実は過去ではなく今この瞬間にも起きています。

でも、それって私と関係あるの?
と皆さん思われるかもしれません。
だって、毎日「森を破壊してやろう!どんどん絶滅しちぇ!」とか思って生活していませんよね。

でも、普段皆さんが使っているノートやティッシュなどの紙は何から出来ていますか?
そう!木です。
その木はどこの森から切ってきたのでしょう?

「えー!そんなの知らないわ」

そう、なかなかそこまで意識して生活していられませんよね。
だって忙しいし。。。

でも普段何気なく使用しているアイテムや買うときに選んだ製品がどんな背景から来ているのか、森を破壊したり、環境に悪影響を及ぼしていないか、そんな疑問はとても大切かもしれません。

製品を作っている企業の方々が、どんなモノづくりをしているのか。
どこからどうやって調達しているのか。

そして、環境や社会に配慮した、いわばエシカル(倫理的)なアイテムを選択する基準は?

次回からもっと皆様と共に見ていきたいと思います

カテゴリー: エコとエシカルなライフスタイル | タグ: , ,

第 1 回 エシカルに纏わるラベルと認証制度 シンポジウム
~2020年そしてその先へ、エシカルラベルが果たす役割とは?~
持続可能な社会に向けたエシカルラベル連続シンポジウム

第 1 回 エシカルに纏わるラベルと認証制度 シンポジウム
~2020年そしてその先へ、エシカルラベルが果たす役割とは?~
<満席のため受付終了いたしました>

日本エシカル推進協議会は、日本における倫理観、良心をもった行動規範としてのエシカル文化の定着を目指して活動をしています。地球の生態系と文明系が共生する理想的な文明圏の再構築に向けて産学の幅広い有志が集まり様々な活動をしています。

地球温暖化問題の深刻化を背景に、昨年はパリ合意が成立し、国連ではSDGsが採択されユニバーサルな目標が掲げられました。その持続可能な発展(開発)目標に向かって社会全体で取り組むことになりました。

エシカルな社会構築の実現を助ける手段として、様々な認証、様々なラベルがありますが、2020年のオリンピック・パラリンピック、さらにはその先の未来に向けて、何をどのように選択し、行動を起こしていく必要があるのか。認証、ラベルがどのような意義を持ち、役割を果たすことが出来るのでしょうか。

そこで、今回のシンポジウムでは、

  • エシカルに纏わるラベルに焦点を当て、その仕組みや動向・特徴について
  • 環境・森・海・農業・フェアトレードなど各業界の認証、ラベルの現状
  • それらのラベルが環境や社会に及ぼす影響など

について幅広く紹介します。

また、各分野の認証、ラベルの紹介と共に、実践されている企業を交えたパネルディシュカッションを通じて、エシカルラベルの今後の在り方、社会に対する発信などについて議論を深めます。

持続可能な社会に向けたエシカルラベル連続シンポジウム
第1回 概要

シンポジウムタイトル

第1回 エシカルに纏わるラベルと認証制度 シンポジウム
~2020年そしてその先へ、エシカルラベルが果たす役割とは?~

日時

2016年5月26日(木曜日) 13:00~17:00 (受付:12:30~)

場所

イトーキ東京イノベーションセンター SYNQA
東京都中央区京橋3-7-1  相互館110タワー 1F https://www.synqa.jp/

主催

日本エシカル推進協議会(エシカルラベル普及実行委員会)

参加費

無料

定員

100名(事前受付先着順)

シンポジウム内容および登壇者

開会挨拶

  • 山本良一:エシカルラベル普及実行委員長

<第1部>特別講演:エシカルラベル普及の意義

  • 森嶌昭夫:日本環境協会理事長

<第2部>認証ラベルの意義と世界の動向

  • 深津学治:グリーン購入ネットワーク 事務局長
  • 神崎昌之:産業環境管理協会 LCA事業推進センター所長
  • 中島佳織:フェアトレード・ラベル・ジャパン 理事・事務局長
  • 岩瀬泰徳:FSC ジャパン 事務局
  • 石井幸造:MSC日本事務所 プログラムディレクター
  • 三好智子:GOTS地域代表

<第3部>パネル討論:エシカルラベルの重要性と普及の課題

コーディネーター

  • 足立直樹:株式会社レスポンスアビリティ 代表取締役

パネリスト

  • 大石美奈子:日本消費者生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 理事 環境委員長
  • 田中秀輝:花王株式会社 執行役員 購買部門統括
  • 金丸 治子:イオン株式会社 グループ環境・社会貢献部 部長
  • 稲垣 貢哉:興和株式会社 営業第6部 所属、Textile Exchange Governance Board of Director
  • 山口真奈美:株式会社FEM/株式会社Control Union Japan 代表取締役

司会:津崎貴子 日本環境協会 エコマーク事務局

お申し込み

おかげさまでお申し込みが定員に達しましたので、申込み受付を終了致しました。
多数のお申込み、誠に有難うございました。

なお、本シンポジウム連続でシリーズ化を予定しておりますので、次回のご案内をご希望の方は下記の事務局お問い合わせフォームより、お名前、連絡先等をご記入下さいませ。

お申し込み下さった方は、 当日会場にて お目にかかれることを楽しみにしております。

お問い合わせ先

日本エシカル推進協議会 エシカルラベル普及実行委員会 事務局(株式会社FEM 内)

 

カテゴリー: セミナー情報 |

オーガニックEXPO 2016 together with BIOFACH JAPAN

今年も弊社代表の山口真奈美が東京ビックサイトで行われる「オーガニックEXPO 2016 together with BIOFACH JAPAN」の会場でセミナーをさせて頂くことになりました。

エシカルに纏わる国際認証とライフスタイル

日時

2月10日(水) 11:45~12:30

場所

東京ビックサイト(東京国際展示場) 西4ホール オーガニックEXPO内 オーガニックステージ

内容

衣食住を支えるオーガニックの世界。そしてその先にある森・海・農業・繊維など各業界の、環境や社会に配慮したエシカルに纏わる様々な国際認証やラベルはどのようなものが存在しているのか。
その特徴や動向を交えながら、ビジネスの中での導入や活用方法、エシカルなライフスタイルの提案へと繋げていくためのヒントを探ります。

申込方法

ご来場前に下記リンクより事前登録をお願い致します。
https://www.foodtable.jp/Visitor/Registration/jp
ご不明点につきましては、弊社までご連絡下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。
※セミナー聴講は無料です。

関連情報

弊社関連会社のControl Union Japanも小間番号BF-10に出展します。
http://controlunion.jp/

カテゴリー: セミナー情報 |

「とくしま生物多様性センター」開設記念フォーラム 基調講演(終了)

「とくしま生物多様性センター」開設記念フォーラム(1月30日(土))に弊社代表 山口真奈美が登壇いたします。

明日をえらぶ消費~食でつながる多様ないのち・健康・未来~

日時

1月30日(土) 13:30~16:50(13:00受付開始)

場所

ホテルサンシャイン徳島 アネックス館7階

内容

第1部基調講演 13:40~
「未来に繋がるエシカル選択」~自然や社会、そして私たちも幸せなライフスタイルのヒント~
講師:山口真奈美

主催

徳島県・とくしま生物多様性センター
http://www.pref.tokushima.jp/docs/2016011500178/

参加方法

フォーラムは事前申し込み不要です。直接会場までお越しください。見学試食会は定員制で事前のお申し込みが必要です。フォーラム、見学試食会とも参加無料となっております。

お問い合わせ先

お申し込み、お問い合わせにつきましては下記へお願い致します。

とくしま生物多様性センター
電話:088-621-2343
mail:ikimono@mail.pref.tokushima.lg.jp

カテゴリー: セミナー情報 |

エコプロダクツ展2015 講演(終了)

2015年12月10日(木)~12日(土)、東京ビックサイトで開催される エコプロダクツ2015にて、弊社代表取締役 山口真奈美が 3日間違うテーマにて登壇させて頂きました。

山口真奈美 セミナー登壇情報

「エシカル時代の国際認証~従来の環境ガイドラインと何が違うのか~」

12月10日(木) 15:30-16:10
Control Union Japan /FEM 代表取締役 Ethical Life Advisor 山口 真奈美氏

森・海・農業・繊維など各業界の、エシカルに纏わる様々な国際認証やラベルについて、 どんなものが存在し、それぞれどこが違うのか、どのように取り入れていけばいいのか、 業界の動向も踏まえて解説しました。

女性が本当に輝ける、エシカルな社会や働き方 ~仕事もプライベートも充実させるヒント~

12月11日(金) 16:30-17:30
協力:日経ウーマノミクスプロジェクト

登壇者:
鈴木 敦子氏(環境ビジネスエージェンシー 代表取締役/環境リレーションズ研究所 理事長)
山口 真奈美氏(FEM/Control Union Japan 代表取締役/Ethical Life Advisor)

内容:
自分も社会も幸せであり続けるために。仕事・独立・結婚・育児など様々なターニングポイントで、私たちは常に選択を求められます。 女性の活躍やダイバーシティ経営が期待される時代で、どのように選びバランスをとっていけば良いのでしょう? 夢も仕事もプライベートも諦めず、幸せに本当に輝けるエシカルな社会や働き方のヒントを探ります。

エシカルランドから夢を語る ~エシカルランドに込めた想いと、ライフスタイルの未来~

12月12日(土) 10:30-12:00

登壇者:
生駒 芳子氏(ファッションジャーナリスト)
坂口 真生氏(アッシュ・ペー・フランス「rooms」エシカルエリアディレクター/エコプロダクツ展「エシカルランド」ディレクター)
末吉 里花氏((一社)エシカル協会 代表理事/フリーアナウンサー)
杉山 香林氏(アンジュウシ 代表取締役/サスティナビリティ・プランナー)
竹村 伊央氏(EFJ代表)
原田さとみ氏(エシカル・ペネロープ代表/フェアトレード名古屋ネットワーク代表/日本フェアトレード・フォーラム理事)
山口 真奈美氏(FEM/Control Union Japan 代表取締役/Ethical Life Advisor)

内容:
エシカルランドを担当した各業界の専門メンバーが集まり、エシカルなライフスタイルのポイントをご紹介。 美容やファッションなど、「人も地球も美しくなるライフスタイルとは?」すぐに実践出来る生活のヒントから、 「ビジネスにどう取り入れる?」「私たちの未来はエシカルな社会?」など、 エシカル業界を切り開き創造していくためにはどうすれば良いのか、 様々な事例やエリアに込めた想い、そして私たちが描く夢などを語ります。

参考:エコプロダクツ展概要

エコプロダクツ2015[第17回]2015年12月10日(木)~12日(土)
会 場 東京ビッグサイト[東ホール]
主 催 (一社)産業環境管理協会、日本経済新聞社

カテゴリー: セミナー情報 |

環境ビジネス大阪セミナー会&交流会(終了)

2015年11月27日(金)環境ビジネス大阪セミナー会&交流会にて、 弊社代表取締役 山口真奈美が登壇させて頂きました。

「エコからエシカルビジネスへ」~国際展開するための新たな視点~

当セミナーでは、環境ビジネスから、さらにエシカルビジネスへの転換力が求められる時代で、特に国際展開での注意すべきポイントや視点、社会もビジネスも持続可能であり続けるためのヒントを皆様と共に探ります。

日時

2015年11月27日(金) 19:00~21:30 (18:45 受付開始)

開催地

モントーク(大阪府大阪市北区堂島浜1-1-15堂島第2ビル1F)

カテゴリー: セミナー情報 |