第 1 回 エシカルに纏わるラベルと認証制度 シンポジウム
~2020年そしてその先へ、エシカルラベルが果たす役割とは?~
持続可能な社会に向けたエシカルラベル連続シンポジウム

第 1 回 エシカルに纏わるラベルと認証制度 シンポジウム
~2020年そしてその先へ、エシカルラベルが果たす役割とは?~
<満席のため受付終了いたしました>

日本エシカル推進協議会は、日本における倫理観、良心をもった行動規範としてのエシカル文化の定着を目指して活動をしています。地球の生態系と文明系が共生する理想的な文明圏の再構築に向けて産学の幅広い有志が集まり様々な活動をしています。

地球温暖化問題の深刻化を背景に、昨年はパリ合意が成立し、国連ではSDGsが採択されユニバーサルな目標が掲げられました。その持続可能な発展(開発)目標に向かって社会全体で取り組むことになりました。

エシカルな社会構築の実現を助ける手段として、様々な認証、様々なラベルがありますが、2020年のオリンピック・パラリンピック、さらにはその先の未来に向けて、何をどのように選択し、行動を起こしていく必要があるのか。認証、ラベルがどのような意義を持ち、役割を果たすことが出来るのでしょうか。

そこで、今回のシンポジウムでは、

  • エシカルに纏わるラベルに焦点を当て、その仕組みや動向・特徴について
  • 環境・森・海・農業・フェアトレードなど各業界の認証、ラベルの現状
  • それらのラベルが環境や社会に及ぼす影響など

について幅広く紹介します。

また、各分野の認証、ラベルの紹介と共に、実践されている企業を交えたパネルディシュカッションを通じて、エシカルラベルの今後の在り方、社会に対する発信などについて議論を深めます。

持続可能な社会に向けたエシカルラベル連続シンポジウム
第1回 概要

シンポジウムタイトル

第1回 エシカルに纏わるラベルと認証制度 シンポジウム
~2020年そしてその先へ、エシカルラベルが果たす役割とは?~

日時

2016年5月26日(木曜日) 13:00~17:00 (受付:12:30~)

場所

イトーキ東京イノベーションセンター SYNQA
東京都中央区京橋3-7-1  相互館110タワー 1F https://www.synqa.jp/

主催

日本エシカル推進協議会(エシカルラベル普及実行委員会)

参加費

無料

定員

100名(事前受付先着順)

シンポジウム内容および登壇者

開会挨拶

  • 山本良一:エシカルラベル普及実行委員長

<第1部>特別講演:エシカルラベル普及の意義

  • 森嶌昭夫:日本環境協会理事長

<第2部>認証ラベルの意義と世界の動向

  • 深津学治:グリーン購入ネットワーク 事務局長
  • 神崎昌之:産業環境管理協会 LCA事業推進センター所長
  • 中島佳織:フェアトレード・ラベル・ジャパン 理事・事務局長
  • 岩瀬泰徳:FSC ジャパン 事務局
  • 石井幸造:MSC日本事務所 プログラムディレクター
  • 三好智子:GOTS地域代表

<第3部>パネル討論:エシカルラベルの重要性と普及の課題

コーディネーター

  • 足立直樹:株式会社レスポンスアビリティ 代表取締役

パネリスト

  • 大石美奈子:日本消費者生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 理事 環境委員長
  • 田中秀輝:花王株式会社 執行役員 購買部門統括
  • 金丸 治子:イオン株式会社 グループ環境・社会貢献部 部長
  • 稲垣 貢哉:興和株式会社 営業第6部 所属、Textile Exchange Governance Board of Director
  • 山口真奈美:株式会社FEM/株式会社Control Union Japan 代表取締役

司会:津崎貴子 日本環境協会 エコマーク事務局

お申し込み

おかげさまでお申し込みが定員に達しましたので、申込み受付を終了致しました。
多数のお申込み、誠に有難うございました。

なお、本シンポジウム連続でシリーズ化を予定しておりますので、次回のご案内をご希望の方は下記の事務局お問い合わせフォームより、お名前、連絡先等をご記入下さいませ。

お申し込み下さった方は、 当日会場にて お目にかかれることを楽しみにしております。

お問い合わせ先

日本エシカル推進協議会 エシカルラベル普及実行委員会 事務局(株式会社FEM 内)

 

カテゴリー: セミナー情報 パーマリンク