第2回 エシカルってなあに?

 

エシカル(ethical)という言葉をご存じでしょうか。

自分にも自然や地球にも、周りにも心地よい暮らし。
そしてみんなが輝ける生き方って、どんなライフスタイルなのでしょう。

エシカル(ethical)とは、「倫理的」「道徳上」という意味があります。
ちょっと難しいかも。敷居が高い?
そんな印象もありますよね。

実はエシカルファッションとか、エシカルジュエリーが数年前から注目され、今、さらにライフスタイルを見直すキーワードとして、再浮上しているんです。

エシカルファッションで考えてみると、その素材がオーガニックコットンだったり、フェアトレード(公正な取引)、つまり正当な値段で作られたものを売り買いしたり、様々な要素が含まれています。

オーガニックコットンは、有機栽培された綿花を使用しますが、商業ベースでは、綿花栽培はほとんど日本ではなく、海外に依存しています。

インドなどでは、字も読めなかったり、計算の仕方も教わっていない方が農業に従事し、有害な農薬の被害で健康を害してしまったり、子供たちが学校にも行けず、朝から晩まで家族を支えるために、過酷な環境で働かされていることもあります。

過剰に農薬をまくことで、土壌汚染にも繋がり、生態系にも悪影響があったりします。

そんな環境や社会的問題がないように、配慮された製品を選びたいですよね。

自分にとっても肌触りや着心地が良いだけでなく、背景にある世界も素敵でいられたら。

私達の何気ない、その選択が大きな影響を与える社会です。

来ているモノ・普段使うアイテムが食べ物だけではなくオーガニックやフェアトレードなどちょこっとだけ変えてみるだけでも、エシカルなライフスタイルに繋がります。

今日から何か買うときに、ふと「どこから来たの?誰が作ってくれたんだろう?」

そんな疑問も持つだけでもエシカル事始めかもしれません。

カテゴリー: エコとエシカルなライフスタイル タグ: , パーマリンク